2018年08月17日

トレポンとの互換性につきまして


ネット上でトレポンのアッパーとGBLSのロアが付くなんて話をみたので実際にやってみました。

フロントのピンはしっかりはまります。
ガタもほぼありません。
リアのピンはといいますと、、、

当たっているのがわかるでしょうか?
ちなみに下の画像がGBLSアッパーです。

はい、アッパーのリアピン周りの形状が違うため合体させることは出来ませんでした。

GBLSはアメリカのトイガンの基準をクリアするためにレシーバーサイズを実サイズより太くしてあるらしいです。
逆にトレポンのロアにGBLSアッパーは付くのか?
後日試してみたいと思います。
  


Posted by beach_club at 16:55Comments(0)エアソフト

2018年08月16日

GBLS GDR15 バレルとチャンバーパッキンを分解してみた


実は私の周りでもGBLSを一緒に購入された方が数人おりましてバレルナットの解除とRISの取り付けをお願いされました。

ということでバレルナットを解除したついでにチャンバーも分解しました。

マルイ電動ガンの規格で製作されているようで互換性がありそうです。
ホップテンショナーは全て金属製でした。

パッキンは接着剤のようなものでバレルに密着しております。
パッキンの形状はフラットでした。
2018年7月納品のロットです。

ホップテンショナーを長掛けタイプに変更してみたくなります。  


Posted by beach_club at 13:23Comments(0)エアソフト

2018年08月09日

AOR1 NCPC サイズ違いを比較 semapo gear


semapoのNCPCは当初販売されたときLサイズのみだったと思います。
今回MサイズNCPCを入手したので比較してみました。
サイズ感がどれほど違うのか比較したかったのですが二つを並べて作りや素材が違う部分がありました。
Lサイズは販売されはじめた初期の頃のNCPC。
Mサイズは後期ということで中古購入。

まずはフロントのバックルの向きが違います。
縫製は気になる部分がありますがL,Mどちらも多少そういう部分がありました。

↑こちらがMサイズ
目立つ部分なので気になる方もいるのでは。

↑Lサイズ

Lサイズのmoll webbingカマーバンドは10コマ,1コマ38mm〜40mmですがそれより狭いコマ部分があります。

Mサイズも若干コマの幅が均一ではない箇所がありました。

左がLサイズ右がMサイズ、サイド部の薄い生地の色が違いますね。
素材は同じ薄くよく伸びる生地です。


背中のmoll webbingのコマ幅
Mサイズはかなり狭いです。
Lサイズのサイド部分は逆に広く取られています。


背中の印象はかなり違うかも。


こちらのショルダー部分は縫製パターンすら替わっています。
職人さんが違うのかマニュアルが変更されたのかショルダーのバックルが替わったせいかわかりません。

左がLサイズ右がMサイズ

以上です。


  


Posted by beach_club at 12:40Comments(0)

2018年08月07日

プレートキャリアのリアパネル


わかりにくいかもしれないですが普通のプレキャリより10センチくらい長めに製作されています。

お客様からのオーダーですがカマーバンドの位置のバランスやほかの部分のバランスを合わせないと不自然になってしまいますので何度か作り直しながらやってます。

  


Posted by beach_club at 15:17Comments(0)ナイロンギア

2018年07月27日

コヨーテ プレートキャリア製作。


昨日から暑さがひと段落して過ごしやすいですねー。
それと同時にタイミング良くミシン踏む時間が出来ましたので製作してます。

新しいタイプのチャコペンも調子良く細いラインを書けるので誤差もなくすいすい作業が進みます。



フロントのプレートにはピストルマグポーチとその下にジッパー式のポーチを取付のオーダー。

仕上がりがまだまだ先ですがさくさくいきます。  


Posted by beach_club at 18:32Comments(0)

2018年07月26日

剛性感のないマルイ G3SAS のフロントサイトをガッチリ固定する。




以前G3SASのフロントサイトを触ったら妙にカタカタしました。
最近プラフレームのエアガンを使ってないので余計に気になってしまうのかもしれません。
マルイ G3SASですがフレームがプラでフロントサイトが亜鉛合金か何かの金属なのですが固定はイモネジたった一本でした。

ちょっとこれでは頼りない。


ガッチリ固定してインナーバレルがブレないようにしたいので加工します。


3箇所に穴を開けタップでネジ山を切ります。


仮組みをして取付位置をよく確認しておきます。

フレーム部分にネジ回す用の穴を開けてあとはしっかり固定。
  


Posted by beach_club at 18:40Comments(0)エアソフト

2018年07月26日

56式弾帯カスタム


AKのユーザーさんからのオーダーで調整部分をfastex仕様に変更しました。

初期アフガン装備でも栄えますねー。

ここの部分はリッパーで分解して縫い直し。

比較的素早く加工できるのでほかにもマガジンポーチのフラップ部分もfastex仕様にしても良いかもですね。  


Posted by beach_club at 16:41Comments(0)

2018年07月25日

アッパーレシーバーを固定するジグ


トレポンやGBLSはしっかりした工具を使ったほうが確実で一番安上がりだと思います。

ARアッパーレシーバー専用のジグで挟み込んでバイスでさらに固定してバレルレンチで回すと専用工具だけあって回ります。

ジグ はネットで探しても5000円くらいです。  


Posted by beach_club at 22:17Comments(0)エアソフト

2018年07月24日

x115x taylarさんのアトリエにお邪魔してました。


x115x taylarさんのアトリエには何度かお伺いしたことがありますが夏がくるたびにエアコンのない中お仕事されているのが心配でしたが今年の夏の暑さにエアコンを設置されたそうで一安心しました。
  


Posted by beach_club at 21:01Comments(0)その他

2018年07月23日

GBLS GDR15の命中精度はいかがなものでしょう。

https://m.youtube.com/watch?v=5XSVxIacovs
私の購入したモデルはバリューキットだったのでバレルナットを一度外してRISを組み付けていますが個人的によく当たるほうだと思います。

ちなみにグリスがチャンバーパッキンに入り込むとホップの掛かりが弱くなり飛距離が出なくなります。
左右にブレたりすることはありませんでした。  


Posted by beach_club at 08:00Comments(0)エアソフト